<高齢者の住まいと介護・医療を考える>経営情報紙「高齢者住宅新聞」にて、ライフリズムナビ+Dr.を取り上げていただきました。

非接触センサーで見守り

エコナビスタ(東京都千代田区)が開発した健康見守り型クラウドサービス機器の導入が高齢者施設で進んでいる。非接触センサーで睡眠や温湿度、活動量などのデータを管理。体調の急変や事故を未然に防ぐ。昨年から本格的な販売を開始し、既に有料老人ホームを中心に約900床で稼働。導入は予定を含めると1000床を超える。

高齢者住宅新聞<2018年5月2日発行>

【睡眠データ等の”見える化”】【リアルタイムなアラート通知】【医療機関との連携】を特徴とするライフリズムナビ+Dr.。
施設利用での居室一覧画面や、センサーデータを見える化したグラフ画面などをご紹介いただいています。

一覧へ戻る