機器の設置

センサー類を設置する
  1. センサーマットをベッドのマットレス下に敷き、人感センサー・温湿度センサー等をそれぞれ取り付けます。
  2. ベッドセンサーとENSゲートウェイを通信ケーブルでつなぎ、ENSゲートウェイに電源ケーブルをつないでください。
  3. 電源ケーブルをコンセントに差し込めば設置完了です。

センサー類の設置方法


センサーマット設置に関する注意点
  • センサーマットのやわらかい面(タグの付いた面)が上面になるように敷きます。
  • 寝たときに、肩から腰あたりの下にくる位置に敷いてください。
  • データロガーに電源ケーブルをつないだあとは、ACアダプタをコンセントに差し込んで下さい。
  • 本製品が正常に機能するマットレスの厚さは17cm以下となっています。
  • 20cm以上のウレタンマットの場合には、マットの上にセンサを敷く必要があります。
  • エアマットでは使用することができませんのでご注意ください。

センサー類設置に関する注意点
  • 付属の両面テープで壁面に取り付けます。
    両面テープでの取り付けが難しい場合は、付属のビスを使用して下さい。
  • 人感センサーは、正しく人を感知できる位置に取り付けて下さい。
  • 温湿度センターは、室内でも寒暖の差が少ない場所に取り付けて下さい。
  • 人感センサー・温湿度センサーはソーラーセル発電により動作しております。
    センサー充電のために、明るい環境へ設置してください。