最新情報

エコナビスタとヒューリックが業務提携 AI・IoTを活⽤した新たな介護ビジネス(スマートシニアハウジング構想)に着⼿

2020.02.21


エコナビスタ株式会社とヒューリック株式会社の業務提携開始について、プレスリリースを発表しました。

----------------------------


エコナビスタとヒューリックが業務提携
AI・IoTを活⽤した新たな介護ビジネス(スマートシニアハウジング構想)に着⼿

2020年02⽉20⽇

エコナビスタ株式会社

⾒守りセンサーシステム、睡眠・解析分野に強みを持つエコナビスタ株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:渡邉 君⼈、以下 エコナビスタ)は、不動産の所有・賃貸・売買ならびに仲介業務を⾏うヒューリック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:吉留学、以下 ヒューリック)と協業し、AI・IoTを活⽤した新たな介護ビジネス(スマートシニアハウジング構想)に着⼿いたします。
[1]ヒューリックによるスマートシニアハウジング構想について
現在、介護業界は深刻な⼈⼿不⾜となっており、業務効率化、離職率の低下が喫緊の課題となっております。また、⾼齢者施設においても睡眠、呼吸、脈拍等のデータ管理や認知症予防等、⼊居者のQOL(Quality Of Life)向上への取組が重要視されています。
ヒューリックでは、介護事業者やベンチャー企業等との連携により、AI・IoTを活⽤した最先端の⾼齢者施設(以下 スマートシニアハウジング構想)の提供を⾏い、介護分野における新たな事業開発やブランド構築を⽬指します。
スマートシニアハウジング構想の第⼀弾として、エコナビスタが開発した⾒守りセンサーを、株式会社チャーム・ケア・コーポレーションが運営するヒューリック所有の⾼齢者施設に順次導⼊を開始します。更に、2021年4⽉竣⼯予定のヒューリック所有・同社運営の⾼齢者施設に、⾒守りセンサーを中⼼に先進的な複数のプロダクトを融合したプラットフォームを導⼊、スマートシニアハウジング構想の更なる⾼度化を⽬指して参ります。また、他の介護事業者との連携も進めていく予定です。

スマートシニアハウジング構想(イメージ)
[2]業務提携について
1.業務提携の⽬的
エコナビスタは、⾒守りセンサーシステムの企画・開発・販売に加え、睡眠等のバイタルデ ータから認知症判別の技術を持つユニークな会社です。現在、国内の⼤⼿介護事業者を中⼼ に約1,500床に導⼊実績があり、介護・睡眠・認知症分野に関する幅広い知識・技術を有して おります。また、睡眠の質と認知症リスクの関係分析等、認知症予防にも取り組んでいま す。
この度の業務提携を通じ、ヒューリックが所有する⾼齢者施設とエコナビスタが有する⾒守りセンサーシステム、睡眠・認知症関連技術を中⼼に、他のベンチャー企業等が有する各種プロダクトを融合させたスマートシニアハウジング構想の具体化・実現を⽬指してまいります。
2.業務提携の内容

  1. スマートシニアハウジング構想での協業
  2. ⾒守りセンサーシステム(商品名:ライフリズムナビ+Dr.※)の ⾼度化及び販売ルートの開拓
  3. ヘルスケア分野での新規事業(睡眠、認知症分野)の共同検討

※ ライフリズムナビ+Dr.:
4種類の非接触センサー(ベッドセンサー/人感センサー/温湿度センサー/あけしめセンサー)からの情報をリアルタイムに専門医療機関が解析し、事故や疾患に関する予兆をお知らせするクラウドサービス

【ヒューリック株式会社の概要】
会社名:ヒューリック株式会社(Hulic Co., Ltd.)
所在地:東京都中央区⽇本橋⼤伝⾺町7番3号
設⽴:1957年3⽉
設立:1944年11月
代表者:代表取締役社⻑ 吉留 学
上場取引所:東京証券取引所(市場第⼀部) 証券コード3003
資本⾦:627億18百万円(2019年6⽉末)
事業内容:不動産の所有・賃貸・売買ならびに仲介業務
URLhttps://www.hulic.co.jp/

【エコナビスタ株式会社の概要】
会社名:エコナビスタ株式会社
所在地:東京都千代田区神田須田町2丁目2-5 CTNビル5F
設立日:2009年11月18日
代表者:代表取締役社長 渡邉 君人
事業内容:
・⾒守りセンサーシステムの企画・開発・販売
・睡眠・認知症分野の研究・サービス
・ホームコントロール事業の企画・開発・販売
(⼀部抜粋)
URLhttp://econavista.com/
【本件に関するお問い合わせ先】
エコナビスタ株式会社
TEL:03-6206-9207
Mail:press@econavista.com
http://info.liferhythmnavi.com/