たくさんの人に選ばれてSaaS型高齢者施設見守りシステムNo.1

睡眠解析技術をベースにした
SaaS型高齢者施設見守りシステムで、
介護・医療現場のお悩みを解決します。

「ライフリズムナビ®+Dr.」は、センサーを活用したシステムで
介護の現場での業務を削減し、介護職員の負担を軽減します。

補助金セミナー&個別相談会開催!

見守りシステム導入で使える補
                助金知っていますか?

お問い合わせ
ライフリズムナビ+Dr.画面
スタッフと入居者様1 スタッフと入居者様2 スタッフと入居者様3
— 私たちの想い

テクノロジーで
介護の現場をサポート

「ライフリズムナビ+Dr.」は、深刻化する介護現場の人手不足を解決するためのクラウド型高齢者見守りサービスです。 IoTやビッグデータ、AIといった最新のテクノロジーを駆使して、介護現場の負担軽減やサービス向上に貢献していきます。 すでに、大手介護施設をはじめとする介護施設への導入が急ピッチで進んでいます。

介護の現場で起こるさまざまな事態に対応するには、職員間の連携が不可欠です。ですが、現場では介護そのものだけでなく、 情報連携やデータ入力などの介護以外の業務で多くの時間と手間が取られてしまっているのが現状です。 ライフリズムナビ+Dr.なら、正確かつ素早く、施設利用者さまの状態を把握・共有できます。 業務負担の軽減により介護に集中しやすい環境が生まれ、現場では本当に必要なケアに注力できるようになります。

累計ご利用者数

10,000人突破!
※ 2022年3月末 達成

ご利用人数3,600人突破!

導入施設数

150施設以上!

SaaS型高齢者施設見守りシステム No.1の介護施設導入(稼働)実績。※ 2022年4月27日発行 高齢者住宅新聞 見守りシステム アンケート調査より

導入企業様ロゴ

— ライフリズムナビ SleepSensor —

次世代の安心を創造する
業界初のデュアルAIスリープセンサー

  1. ライフリズムナビ SleepSensorは、エッジAIとクラウドAIの判定結果を連携させ、 相互に学習しご利用対象者に適合していくセンサーです。
    「YSD-M001」モデルは医療機器として認証されています。 SleepSensorを詳しくみる

    「SaaS型高齢者施設見守りシステムNo.1」 ※2022年4月27日発行 高齢者住宅新聞 見守りシステム アンケート調査より

ユーザー探訪記

ライフリズムナビ+Dr.導入後の効果などをインタビュー形式でご紹介します。

最新導入施設

動画一覧

第9回「住まい×介護×医療サミット」 ウェビナーアーカイブ
— ライフリズムナビ+Dr.の特徴 —

センサーを活用した
見守りシステム

ライフリズムナビ+Dr.とは、センサーを活用したSaaS型高齢者施設見守りシステムです。
室内に設置したセンサーで、室内の状況をリアルタイムに把握・アラート通知。
さらに、センサーから収集されたデータで健康レポートを作成できます。大手介護記録システムにも、自動で保存可能です。

機器一覧

機器一覧

居室・施設内に設置可能な機器一覧です。必要に応じてさまざまな組み合わせで設置できます。

詳しく見る
  1. ライフリズムナビ SleepSensor・LRNゲートウェイ

    ライフリズムナビ SleepSensor /
    LRNゲートウェイ※
    ※温湿度センサー内蔵オプション有り

  2. 人感センサー(トイレ・天井)

    人感センサー
    (トイレ・天井)

  3. 温湿度センサー

    温湿度センサー

  4. あけしめセンサー

    あけしめセンサー

  5. エアコン連携コントローラー

    エアコン連携
    コントローラー

  6. 顔認証カメラ

    顔認証カメラ

  7. 居室内カメラ

    居室内カメラ

  8. 呼び出しボタン

    呼び出しボタン

  9. バイタル測定機器(体温計・パルスオキシメータ・血圧計)

    バイタル測定機器
    (体温計・パルスオキシメータ・血圧計)

  10. 見守りコール

    見守りコール

基本機能

入居者さまのセンサーデータの表示、健康レポート、過去データの閲覧、リアルタイムアラートの機能をご利用いただけます。

詳しく見る
  • センサーデータリアルタイムグラフ

    センサーデータ
    リアルタイムグラフ

    1秒毎にセンサー情報をクラウドに送信。リアルタイムで生体情報を解析・表示しています。

  • 健康レポート・ライフリズムスコア

    健康レポート・
    ライフリズムスコア

    大阪公立大学(元・大阪市立大学医学部疲労医学講座)と共同で開発した独自アルゴリズムでデータを解析。健康の目安を表示します。

  • 過去データの閲覧

    過去データの
    閲覧

    当月だけでなく、過去のセンサーデータも一覧でご覧いただけます。

  • アラート読み上げアプリ

    アラート読み上げ
    アプリ

    アラートを音声で通知するアプリで、居室名とアラートを読み上げてお知らせします。

拡張機能

センサー機器を組み合わせることによって、さまざまな機能をご利用いただけます。各機能をご利用いただくには専用の機器が必要となります。

詳しく見る
  • バイタル自動記録

    バイタル自動記録

    居室に設定した体温計、血圧計、パルスオキシメータで入居者さまが測定したデータを自動で記録します。

  • 介護記録システムと連携

    介護記録システム連携

    ライフリズムナビ+Dr.で測定したデータを、連携している介護記録システムへ自動で記録します。

  • 呼び出しボタン

    呼び出しボタン

    押しボタンを設置し、入居者さまが押した場合に通知します。ナースコールの代わりとしてお使いいただけます。

  • 顔認証システムと連携

    顔認証システムと連携

    高度な顔認証システムと連携し、入居者さまの離設を事前に検知。交通事故や行方不明を未然に防ぎます。

  • エアコン制御

    エアコン制御

    パソコンやスマホから、各居室のエアコンを操作できます。複数居室の操作や自動でON/OFF操作も可能です。 全メーカーに対応しています。

  • 居室内カメラ

    居室内カメラ

    異常時にはネットワークカメラでのモニタリングができます。映像の録画・保存が可能です。

  • 見守りコール

    見守りコール

    スマホで使える、見守りに特化したコールシステムです。スマホで受信できるので身軽にケア業務に集中できます。

    見守りコール特設サイト

睡眠解析技術をベースにした
高齢者見守りシステム

梶本先生画像

これまでの見守りシステムでは、異変に気づくことができるのは事故が起こってからでした。本来の「見守り」というのは、事故が起こってから対応することではなく、事故の予兆を見つけ危険の芽を早期に摘むこと。
その理想を実現するために開発したのが、この「ライフリズムナビ+Dr.」です。

東京睡眠・疲労クリニック院長 梶本 修身

— 当社が選ばれるのには理由があります —

ライフリズムナビ+Dr.が
選ばれる3つの理由

  1. 理由1画像
    01

    驚きの速さで、
    トップクラスの正確性を実現

    見守りセンサーを使っていたものの「誤反応が多いから使うのをやめた」という事業者さまもいらっしゃいます。ですが、当社独自の技術で誤反応・誤発報の少なさを実現していますので、安心してご利用いただけます。 誤反応の少なさと同時に、リアルタイムでのデータ取得も行っており、驚きの速さを実現しています。

  2. 理由2画像
    02

    SaaS型のメリットを活かし
    常に進化し続けます

    介護現場で働くみなさまのご要望はもちろん、センサーで取得したデータ、専門医の意見などを反映して常に進化し続けます。 取得したデータを表示するだけでなく、解析機能も搭載しており、解析アルゴリズムにおいて特許を取得しております。 さらに、当社では取得したデータを活かし「睡眠データから認知症発症を予測するAI」の開発も進めています。

  3. 理由3画像
    03

    日本全国どこでも
    万全のサポート体制

    規模に関わらず、導入前から導入後まで充実のサポート体制をご用意しています。 介護現場での勤務経験があるサポートメンバーを中心に、より働きやすい環境づくり、ご利用者様のQOL向上を目指すための業務改善を支援いたします。

主な補助金採択実績

次世代介護機器の活用支援事業(東京都福祉保健局)
令和2年度「有料老人ホーム」での採択実績。
介護ロボット導入支援事業(全国自治体)
地域医療介護総合保健基金(介護分)によって実施される、介護ロボット導入費用を補助する支援事業です。
大規模修繕にあわせて行う介護ロボット・ICT導入支援事業(全国自治体)
令和3年度「特別養護老人ホーム」での採択実績。

福祉用具貸与

福祉用具貸与(介護保険適応)にも対応しています。担当のケアマネージャーへご相談ください。

「ライフリズムナビ福祉用具モデル」に関する掲載情報はこちら

見守りシステム導入で使える補
                助金知っていますか?
— ライフリズムナビ+Dr.で解決できること —

介護現場のお悩みを
解決します

1. 表示やアラートを確認して事故やトラブルを防止

  • ベッドからの起き上がり時、介助が間に合わずに、転倒を防げないことがあり困っています…😥

  • ライフリズムナビ+Dr. なら転倒事故やトラブル防止への効果を期待できます。

    個別に設定した見守りアラートで、通知を受け取り転倒や徘徊などアラートを受け取れます。「体動ありアラート」などにより、離床前の動きを検知可能です。これだけでなく、

    • 離床アラート
    • 体動アラート
    • ドアアラート
    • トイレアラート
    • 高温・低温アラート
    • 長時間トイレアラート

    などのアラートがあり、入居者さまにあわせて設定できます。

    アラートイメージ
  • 近年、入居者さまの無断離設による事件・事故が増えていると聞きます。何か対策できますか?

  • 顔認証システムで、予期せぬ外出を検知できます!※オプション機能

    高度な顔認証システムと連携し、入居者さまの離設を事前に検知。交通事故や行方不明を未然に防ぎます。 入居者・ご家族同意のうえ写真撮影し、システムへ登録します。グローリー 顔認証システムが登録された来訪者や離設する入居者さまを瞬時に検知。アプリ等でご担当者さまへ通知します。リアルタイムで検知することで、離設による事件・事故を防止します。

    顔認証イメージ

2. 室内の温度や生活リズムを把握して快適な居住環境をご提供

  • 暑くてもエアコンをつけない方が多く、熱中症が心配です。 各部屋の環境を把握できますか?

  • 各部屋の温湿度を把握できます。 オプションでエアコン制御も追加できます。

    温湿度センサーを設置して、各部屋の温湿度を把握できます。「高温アラート」「低温アラート」「低湿度アラート」を設定することも可能です。 各居室内のエアコン制御をパソコンやスマホから行えるオプションもご用意しております。複数の居室をまとめて操作したり、高低温アラートと連動し、自動でON/OFF操作することも可能です。

  • 起床・就寝の時間や、どんな時に体調を崩しやすいか把握できると、その方に合わせたケアができると思うのですが…

  • 睡眠時間や中途覚醒、トイレの回数を一覧で確認できます。

    入居者さまごとの睡眠時間や中途覚醒、トイレの回数など、一日ごとに詳細なデータが記録され、わかりやすいグラフで表示します。 また、一か月単位での推移もグラフ化されるので生活リズムを把握でき、体調変化を把握する判断材料にできます。

    一覧画像イメージ

3. 不要なラウンドや訪室を抑えて時間・人材不足の軽減

  • とにかく人材と時間が足りません。不要なラウンドや訪室を抑え、本当に必要なケアをするための時間が欲しいです🥺

  • 全居室の様子を一覧で確認して、不要なラウンドや訪室を 抑えることができます。

    全居室の様子をリアルタイムで一覧表示できるので、訪室しなくても入居者の状態や環境を把握でき、不要なラウンドや訪室を控えることができます。入居者ごとにアラート通知の時間帯などを設定可能なので、本当に必要なケアに専念する時間を作れます。 ベッド上での心拍数・呼吸数を表示して、睡眠中なのか、状態は安定しているのかなど、居室に24時間常駐していなくても終末期の方の状態を確認することができ、介護スタッフの負担を軽減します。

    ライフリズムナビ 画面イメージ
  • 入居者さまが測定したバイタルを自動で記録して、 毎朝の訪室を減らせます。※オプション機能

    体温計、血圧計、パルスオキシメータを居室に設置し、入居者さまがご自分で測定したバイタルを自動で記録できます。そのため毎朝のバイタルサインチェックの訪室にかける時間を削減できます。 計測された体温・血圧・血中酸素飽和度などのデータは自動で記録されるので、記録時の誤入力も防げます。

    バイタルを計測する入居者さま
  • 業界初! 夜間活動を毎日レポートします

    ライフリズムナビ+Dr.で取得した、夜間の睡眠状況、活動状況がタイムリーに個人ケース記録に自動転記されます。
    また、当社開発のAIがその日の睡眠の質を判定し、十分な睡眠がとれていない方は、ケース記録に注記が付きます。朝礼での申し送りの質の向上にお役立ていただけます。
    ※上記は記録連携オプション利用時のみ。連携できる記録ソフトはお問い合わせください。

4. 入居者さまのご家族や医師へ科学的根拠のあるデータをご提供

月刊レポートサンプル

ライフリズムナビ+Dr.では、一か月ごとにセンサーで集計されたデータを見やすく表示した「月間レポート」が作成されます。PDFファイルをダウンロードできますので、ご家族や介護関係者で共有いただくことも可能です。

また各種データを表示するだけでなく、大阪公立大学(元・大阪市立大学医学部疲労医学講座)と共同で開発した独自アルゴリズムでデータを解析。「疲労回復指数」「快眠指数」「睡眠環境指数」が健康の目安です。

5. 最先端のセンサー技術で経営安定のための材料に

画面イメージ

ライフリズムナビ+Dr.は、『ICT(情報通信技術)を活用した見守りシステム』として、多数のご評価をいただいています。また、リアルタイムの見守りだけでなく、生活リズムの推移から体調異変の予兆を捉え、予防に役立てる「見守りシステム」として、より良い介護のサポートとなるでしょう。

居室内カメライラスト

昨今、介護スタッフによる入居者さまへの虐待事件が話題になっています。ライフリズムナビ+Dr.なら、居室内にカメラを設置して、異常時にはネットワークカメラでのモニタリングが可能です。音声通話や、映像の録画・保存をすることもできます。

6. 自動記録で毎日の業務を効率化多数の介護記録システムと連携

多数の介護記録システムと連携しているので、
ライフリズムナビ+Dr.で測定した入眠時間起床時間
睡眠時の呼吸数心拍数睡眠深度
などの詳細データを連携している介護記録システムへ自動で記録できます。毎日手入力していた作業を自動化することで、業務効率化をはかれます。 ※オプション機能

  • NDソフトウェア株式会社

    ほのぼのNEXT

  • 株式会社ワイズマン

    ワイズマンシステム SP

  • 株式会社ケアコネクトジャパン

    ケアカルテ

  • 株式会社内田洋行

    絆Core 高齢者介護システム

  • 株式会社ブルーオーシャンシステム

    Blue Ocean Note

  • 株式会社ビーシステム

    ファーストケア

料金プラン

初期費用

設置するセンサーや、オプションによって料金が異なります。状況に合わせて柔軟な対応が可能です。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
+

月額費用

1床あたり

1,500
(税込 1,650円)

月額費用に含まれるサービス
  • クラウドサーバ:保守管理対応
  • ネットワーク障害受付:障害切り分け対応
  • 環境設定調査:パソコンやスマホアプリの設定確認・変更対応
  • 居室内センサー遠隔監視サポート:メールでお知らせ
  • ライフリズムナビ+Dr.管理画面遠隔設定:各種設定の変更をサポート
  • 部屋入れ替え時サポート:部屋の入れ替え設定をリモートで対応
  • 定期メンテナンス
  • ソフトウェアバージョンアップ
  • ユーザーサポート(対応時間 10:00〜18:00)
ケア向上・スタッフ業務軽減を目指すサポート体制

北海道から沖縄まで導入規模に関わらず、介護福祉士の資格取得者や介護現場の勤務経験があるカスタマーサクセスメンバーが、システム導入から導入後まで一括サポートいたします。

●システム導入支援
機能説明だけではなく現状業務からシステムへのスムーズな移行を支援いたします。当社スタッフが現場に入り業務のヒアリングやフローの見直しについて運用相談をお受けします。

●介護業務改善コンサルティング
ICT・IoT導入をより効果的に業務に活かしたいとお考えの法人様向け介護業務改善コンサルティングも行っています。ケアスタッフが働きやすい環境づくり、ご利用者様のQOL向上を目指すための業務改善を支援いたします。

ご利用開始までの流れ

  1. 1

    1お問い合わせ

    まずはお気軽にお問い合わせください。オンラインデモや、ショールームへの見学も承っております。

    ショールーム見学予約 お問い合わせ
  2. 2

    2事前準備(ご提案・設計)

    施設環境の把握と機器の設計を行います。安定したシステムを稼働させる準備が必要です。
    有効なシステム活用ができる体制づくりをしていきます。

    施設・フロア・居室のわかる図面とネットワーク図の提供をお願いします

  3. 3

    3機器の設置

    入居者様の状況に配慮しながら、機器を設置します。

  4. 4

    4基本設定

    ライフリズムナビ+Dr.マイページにて、入居者様の基本設定やアラート設定をしていただきます。

  5. 5

    5ご利用開始

    ご利用開始全て完了しましたら、ご利用開始です。

新着情報